MENU

生命保険の有効な活用

生命保険は、万が一の時のための生活保障というのが前提であり、そのために生命保険料を支払っていると考えられています。しかし、せっかくの出費なのですから、他に有効な使い道はないのか?と考えることもあるでしょう。例えば、契約者貸し付けの制度で、不意の出費を生命保険でまかなう、という活用方法があります。契約者貸付制度とは、終身保険や養老保険、個人年金保険など、解約返戻金が年を追うごとに増えていく形の保険商品の場合、解約返戻金の一定範囲内で貸し付けを受けることができる制度です。企業により、その範囲は異なりますが、通常、解約返戻金の8〜9割の範囲で貸し付けが可能です。返済方法は一括でも分割でも可能です。ただし、金利はやや高めに設定されています。返済せず、死亡保険金や満期保険金を受け取る際に相殺することも可能となっています。注意すべき点として、保険契約後の期間が短い場合は、貸し付け出来ないこともありますし、返済が行われない場合、貸し付け利息が毎年元金に繰り込まれ、貸し付け元利金が解約返戻金を超えると、保険契約そのものが失効となる、ということなどです。一度、自分が契約している生命保険の解約返戻金のところを検討してみると良いでしょう。よく分からない場合、生命保険会社などに問い合わせしてみることです。会社を立ち上げたりして、まとまった資金が必要な場合など、まず初めに、一時払いで高額の終身保険と契約し、その解約返戻金を元に貸付を受ける、という方法もあります。これだと、担保の提供等の必要も無く、資金の調達が出来ます。ペイオフ解禁以降の分散投資の一手段としても活用できますし、相続対策にも利用が可能です。但し、医師による健康診断が必要な場合があります。つまり、まず健康であることが第一、と言うわけです。遺産相続のときの争族対策でも、生命保険は活用できます。例えば、相続遺産が不動産のみで、子供が二人いたとします。このような場合、分割用財産として生命保険に加入しておくことで、受取人を現金で、長男にしておき、家は長男が相続し、代償分割として生命保険金を次男に渡すといった形をとれば、遺産分割のトラブルを解消できます。このように、生命保険は相続税法上の特典など、相続対策に多方面から対応が可能なわけです。相続税に関しては、生命保険には非課税枠があって、相続人一人につき500万円までは相続税がかからないことになっています。

生命保険の選び方

生命保険の選び方を正しく行っている人は半数以下と言われています。だいたいの人が、適当に生命保険に入っていて、それで安心しているというケースがとても多いと言われています。しかし生命保険というのは、長期間支払い続けていくものですし、保険料もそれほど安いものではありませんから、生命保険を選ぶ際には、十分に検討を重ねて、自分にぴったりの生命保険選びをすることが大切なのです。自分にぴったりの生命保険の選び方としては、まず自分には保障がどれくらい必要なのか考えることから始めてみるといいでしょう。自分にとって、どれくらいの保障が必要なのか、独身の人には独身の人の保障額がありますし、夫婦の人にとっては夫婦の人に必要な保障額があります。そして子供がいる人、子供がいるけど独立している人など、さまざまなケースがあると思いますから、自分にぴったりの保障額を見つけて、その保障をつけることが、生命保険の正しい選び方になります。実は日本人の多くが保障をつけすぎている傾向にあるとも言われています。それはやはり内容をよく確認せずに、販売員に言われるままに保障をつけているというのが原因で、良く見てみると自分にとっては必要のない保障もあると思います。必要のない保障をつけていれば、それだけ無駄な保険料を支払い続けていることになりますから、これは無駄です。正しい生命保険の選び方、それは自分に本当に必要な保障だけをつける、それが一番大切なことになります。自分にとって必要な保障というのは一体どれくらいなのか、それをまずは知ることから始めなければいけません。例えば結婚して夫婦だけの場合には死亡保障は1000万円位で、医療保障は日額5000円位、妻の死亡保障は、300万円位とされています。家を購入すればそれだけ死亡保障をアップさせなければいけませんし、こどもが生まれて、子供が増えれば、それだけ保障を引き上げる必要があります。正しい生命保険の選び方としては、その都度、人生の節目に自分に合った保障内容で保障をつけていく、選んでいく、その上で生命保険に加入するという方法が、正しい生命保険の選び方ということになります。テレビのコマーシャルを見て選ぶのではなくて、自分たちにきちんと合っている保障なのか、それを考えた上で、生命保険を選ぶ必要があります。通販型の生命保険が今とても人気ではありますが、自分に合ったものを選ばなくては加入していても意味がないですし、無駄な保険料を支払うことになるので注意しましょう。

生命保険の見直し

生命保険の見直しを行っている人はどれくらいいるでしょうか。意外と生命保険というのは、入ってしまえば、それで終わりだと思っている人も多いですね。しかし実際には入って終わりではありません。生命保険は入ってから、保障内容が自分に合っているかどうかを見なければいけないのです。生命保険の保障内容を確認した上で加入していることと思いますが、自分のライフスタイルに合わせて、必要な保障というのは随時変わってくると思います。例えば、結婚を機に生命保険の見直しをするという人は多いでしょう。今まで一人として、独身で入ってきた保険は、自分のことだけを考えて入っていたので、結婚してパートナーができたことで、生命保険の見直しをする、これは一般的には一番多いパターンです。しかしその後の生命保険の見直しを、意外としない人が多いです。結婚を機に見直してから、ずっとそのままという人が多いのです。しかし結婚をしてからも、ライフスタイルや身の回りの環境というのは随時変わっていきますね。子供が生まれれば家族が増えますから、それなりに自分への保障はもっと手厚くならなければいけません。ですから、生命保険の見直しというのは随時ライフスタイルや、人生の節目ごとに見直しが必要です。子供が一人の時にはこれだけの保障が必要だろうと、生命保険の見直しをした。でも、子供が3人生まれたとなれば、一人の時にかけてきた保障では足りない可能性もあります。そうするとまた見直しが必要です。そしてしばらくそのままで、子どもが成人して自分の責任も少し負担が軽くなってきた。そうしたら生命保険の見直しで、保障内容を引き下げることができるのです。こうしたように、生命保険の保障については随時少しずつ見直しをして行く必要があります。生命保険の見直しを行わなければどのようなデメリットがあるのか、それは無駄な生命保険料を支払うというデメリットにつながることもありますし、逆に自分に生命保険の保障が足りていない可能性もあるのです。今の自分にはどれだけの保障が必要で、生命保険でそれが補われているのか、その点を、生命保険の見直しで考えていかなくてはいけません。定期的な見直しをしている人ほど、生命保険料の無駄を省いて、しっかり、賢くかけられていると思いますが面倒だと感じて、そのままにしている人は、保障が足りなくて、いざというときに困ってしまったり、逆に無駄な保険料を支払うことにもなりかねません。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク